• TOP
  • 浮気について

浮気(不貞行為)について

夫婦間では、法律上夫・妻とも互いに貞操を守る義務があります。

この貞操義務に違反して浮気をしてしまった場合には、「不貞行為」があったことになります。
そして、浮気をされた側の配偶者は、浮気をした配偶者に他対し、離婚と慰謝料を請求をすることができます。

不貞行為が、法律上の離婚原因となるかどうかの判断にあたっては、婚姻関係を破綻させるものであるかどうかが考慮されます。

120503_045.jpgのサムネール画像

 

裁判で離婚原因として認められる不貞行為は、ある程度は継続的に肉体関係を伴うものでなければなりませんので、1回だけの浮気では、裁判で離婚を請求することは難しいでしょう。ただし、相手が離婚を承諾すれば、もちろん離婚は可能です。


浮気の証拠はどのようなものが必要か?

離婚原因として、不貞行為があったというためには、①肉体関係が、②ある程度継続的にあったということを証明しなければなりません。


探偵に依頼して、ホテルや浮気相手宅への出入りを撮影するという方法が多いですが、かなり費用がかかることがネックです。

探偵に依頼する時には、事前に見積もりをとり、費用の確認をしっかりしたほうがよいでしょう。
特に、調査事項に不必要なものがないかどうかも検討すべきです。例えば、近所の人から性格や生い立ちを聞き取るという調査は意味がありません。

できれば、探偵に依頼する前に、弁護士に相談した方がよいでしょう。当事務所では、証拠がない段階でも、離婚のご相談に応じています。


また、探偵の調査以外でも、メールの内容に、性的な内容や肉体関係を示唆する内容があれば、証拠となります。

画面を撮影するなどして証拠を確保してください。転送でもよいですが、送信履歴を消さなければ相手にバレてしまいますので注意が必要です。

 

→ 浮気相手(不貞行為の相手方)に対する慰謝料請求について


ImgTop10.jpg

ホーム

弁護士紹介

アクセス

     

離婚相談解決事例

料金表

お問合せ


Copyright ⓒ2012 「渋谷の弁護士による離婚相談」東京渋谷法律事務所. All Rights Reserved.
TOP