• TOP
  • 家庭内暴力(DV)

家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)について

 
家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)とは、一般的に家族内でおきる、夫や妻に対しての暴力(虐待)をさします。身体的暴行や性的な暴力・レイプのほか、暴言やストーキング行為など精神的にストレスをかけることも含まれます。

家族内という人間関係の中で行われるため、家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)外部からは極めてわかりづらく、犯罪として発覚することは非常に少なくなっています。
 
もし、家庭内暴力を受けている場合には、ご自身のためにも、まずは専門家である弁護士やカウンセラーにご相談することをお勧めします。

以下に家庭内暴力に関して、知っておいていただきたい内容をまとめました。
どうぞ、ご参照ください。

 

家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)の種類

 
家庭内暴力としてあてはまるものは、以下のとおりとなっています。
身体的虐待を受けている場合には認識しやすいものの、精神的虐待は外から見ても分かりにくいだけでなく、虐待を受けている本人でさえ、気が付かない場合が多々あります。

 

→ 家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)の種類はこちらから

 

 

なぜ家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)は起こるのか?

 
ここでは、家庭内暴力が起こるまでの流れをご説明いたします。
家庭内暴力には、一定のサイクルがあり、蓄積期、爆発期、安定期の三つの期間から構成されています。

徐々にエスカレートするにつれ、これらの期間を循環するスピードも早まります。

 

→ なぜ家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)が起こる原因はこちらから

 

 

家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)被害者の心理

 
DV被害を受けている多くの女性は、暴力を振るわれている最中は恐怖を感じているものの、「これは本来の彼ではない。今が異常なだけであって、本来は優しい人だ」と思ってしまいがちです。

安定期にある男性を、本来の「彼」だと思ってしまうのです。

 

→ 家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)被害者の心理

 

 

 


ImgTop10.jpg

ホーム

弁護士紹介

アクセス

     

離婚相談解決事例

料金表

お問合せ


Copyright ⓒ2012 「渋谷の弁護士による離婚相談」東京渋谷法律事務所. All Rights Reserved.
TOP